サステナビリティへの取組について

Ⅰ.基本的な考え方

当社は「社会の役に立ち喜ばれ 必要とされる企業として 高品質な技術とサービスを提供する成果をもって 社員の幸せを追求します」を経営理念に掲げています。
この実践を通じ、持続的に事業を成長させるとともに、その基盤となるESG(環境・社会・企業統治)に関してもさまざまな取組を推し進めております。

Ⅱ.ESG基本方針

1.環境(Environment)

当社は、建設活動及び関連する業務において、環境汚染の予防や自然生態系の保護に努めるために、環境負荷の低減に取組んでおり、環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証を取得し、以下の事項を中心に実行しております。

  1. 確実な工程管理、施工管理により総合的な工程を短縮すると共に、手戻りを防ぎ無駄な資源、エネルギーを削減する。
  2. 建設機械・車両等を適切に扱い、メンテナンスを行うことで無駄なエネルギー資源の消費及び排出ガスの発生を低減すると共に、事故・故障等を防ぎ環境負荷を低減する。
  3. 関連する法規制及び当社が同意したその他の要求事項を順守する。
  4. 環境に関する目的、目標及び年間計画を設定し実行する。これを継続的に改善し、汚染の予防に努める。
  5. 環境保全のために環境マネジメントシステムを構築し、見直し、改善を継続する。

2.社会(Social)

(1)品質・顧客満足

(株)ソネック品質方針として「早く」「より良く」「美しく」「みんなで」の4項目を定めています。
また、品質マネジメントシステム(ISO9001)の認証を取得し、毎年期初に取組を計画し、期末に取組の結果を評価しております。
全工事現場で工事完了時に顧客満足度調査を実施し、その結果を業務の継続的改善へと繋げています。

(2)ダイバーシティ・人材育成

性別・年齢・国籍にとらわれない多様な価値観を尊重し、能力発揮機会の提供と労働環境の整備を推進するとともに、世の中の技術革新や働き方の変化に柔軟に適応し続けることで、事業の成長や生産性の向上を目指します。
特にベトナム人技術者の採用については、毎年数名の採用を継続しています。将来的には日本の建設技術を学んだベトナム人技術者達が、帰国後、ベトナムの建設業界で活躍する日が来ることを大いに期待しています。

(3)教育貢献

当社は、公益財団法人 志・建設技術人材育成財団への寄付を通じ、建設系学部で学ぶ大学生に対し奨学援助を行うことにより、将来を担う若者の育成に寄与しています。

(4)地域社会への貢献

地域貢献活動にも積極的に取組み、社会の一員として持続可能な社会の発展に貢献する役割を果たしています。
本社周辺や工事現場周辺の清掃はもとより、地域の美化活動にも積極的に参加するなど、地域社会に根ざした貢献活動を継続しています。

3.ガバナンス(Governance)

持続的に社会へ価値を提供するために、経営の透明性を高め、外部の多様な視点や意見を積極的に取り入れることで企業価値を向上させていきます。
また、コンプライアンス遵守やハラスメント撲滅等の世界共通の基本を徹底し、ステークスホルダーとの信頼関係を築いていきます。
当社は、企業グループ行動規範を制定し、企業活動の基盤は社会からの信頼にあるとの基本認識のもとに企業の社会的責任を自覚し、これまで培ってきた技術や経験を基盤に、優れた工事と信頼される運送業務の提供を通じ、豊かで快適な社会の実現に貢献し、もって、社会から信頼される存在となることを目指しています。