人を知る Members Story

会社がスキルアップを応援してくれる成長しやすい環境。
若いうちからダイナミックなプロジェクトに関われる!

森田 勇輝
土木部 2016年入社

地元でソネックで働いていると言えば、自慢できる!

高校生のころから、建築や土木に興味があり工業高校に入りました。当時は、建築と土木はどこが違うのかもよくわからないまま、なんとなく大学で全く違う勉強をしていたんです。でも、何か違うと感じ、考えた末「現場に出たい」という強い思いから土木の世界に戻ってきました。ソネックに入社したのは、信頼できる企業だからです。両親からソネックなら安心だと太鼓判を押されました。東証一部上場企業で無借金業というのは、やはり誰からも信用される魅力です。姫路、高砂では、ソネックで働いていると言えば、周囲の反応がよくなるんで自慢できるんですよ(笑)。

入社してすぐにいくつかの現場をローテーションで廻り、現在は、魚橋のサイフォン工事現場に腰を落ち着かせています。サイフォン工事は、周辺地域の川の増水に備えて行っている大規模なプロジェクトです。河川を横断するために、その地下に設けられる水路で、水圧を受けて常に満流で流下する水の通り路を作るというもの。

最初、この現場に来た時は、正直言って驚きを隠せませんでした。前の現場は高齢者施設の建築だったし、土木と言っても建物の外構だとばかり思っていたんです。まさか自然環境に関わる河川の仕事をするなんて! もうびっくりしました。しかも大規模な公共工事に入社後、すぐに関われるなんて、思ってもみなかったんです。

地下深く、なんと9.5メートルの巨大な円を堀るというのが初期の工事で、どうなるんだろうと全く予測不可能な状態でした。近隣は民家なので住民に対して騒音や振動が迷惑にならないように、地下を掘るのにも配慮が必要です。通常であれば、ダイナマイトを使用するのが適しているのですが、振動や音が大きいので他の方法を考えなければいけませんでした。

予定していた設計では、効果があがらなかったため、いくつかの方法を試しました。所長の提案や業者さんの意見、現場、周辺環境と折り合いをつけながら水蒸気破砕を試したところ、振動は許容範囲で効果もあったため採用となりました。水蒸気破砕という地面を砕いて掘るダイナミックな工事に立ち合うことになり、ちょっと興奮しました。どんな音が出るのか、どんな効果があるのか…想像できなくて、まったく初めて見る光景であり、すごい貴重な体験でした。なかなか、こんな迫力ある現場を体験できないと思います。毎日が発見です。

土木の仕事を通して地域の人々の暮らしを豊かにできる!

想定外の土木の仕事でしたが、今は公共事業に関われることにやりがいを感じています。今回の河川の増水対策もそうですが、地域の安全を守り、高砂市民の暮らしを豊かにすることに自分が貢献しているなんて感動です。 公共事業は大きなプロジェクトで取り組むため、様々な意味で高いレベルが要求されます。建築の現場より大規模な予算がかけられ、見たことのないような機械が導入されたり、本来の町づくりに参加しているという感じです。もちろん責任も伴いますが、重要な現場に参加していることが仕事へのモチベーションになります。

入社して、一番最初に行った現場で朝礼での話し方から何から何まで、社会人として基本的なことを徹底的に教わりました。まだ入ったばかりだったので、その時は「キツい」と感じましたが、今、現場で何とかやって行けているのは、その体験があったからこそ。結果的には色々教わってよかったと感謝しています。指導してくれた監督は、厳しいけれどカッコ良くて、今では、憧れの人物です。

入社していきなり「監督!」と呼ばれていますが、今は、仕事しているより学んでいると言う方が合っています。わからないことばかりなので、最初から職人さんたちにすべて聞いて、教えてもらう覚悟で臨んでいるから、特にプレッシャーは感じていません。早く「監督」という肩書きに見合った実力を付けたいですが焦らずに取り組みたいです。

こちらが必死で学ぼうとしたら、職人さんたちはみんな親切に教えてくれます。熱意を持って接したら、気持ちは通じますよ。ただ、もっとコミュニケーションスキルを上げたいと考えています。朝礼でも先輩や上司たちはメモも見ずにスラスラと話すんです。すごいなって思います。職人さんや業者さんに「これはなんて伝えよう」「どのように説明しよう」と試行錯誤を繰り返しています。先輩たちは何でも良く知っていて上手く説明できるので、先輩の話し方をよく観察して勉強しています。

もっとコミュニケーション力を磨いてきちんと折衝できる監督に!

コミュニケーション力が問われるシーンは、本当にたくさんあります。現在は、地域の安全を守るための工事なので、住民のみなさんも理解してくれます。しかし、通常の建築物となると周辺住民にとったらマイナス要素でしかないので理解を得られにくいんです。一度、現場に近隣に住んでいる方が怒って乗り込んで来られたことがありました。僕は、動転してしまい、どうすればいいのかわからず、上の人に対応してもらったのですが、きちんと説明し理解を得るというのは、難しいことだと痛感しました。「話す」という基本的なことなんて、学生時代は真剣に考えたことがありませでした。納得してもらえる話し方をマスターしたい、「折衝力」は監督の重要な要素です。いつかは、僕もちゃんと自分で折衝や交渉ができるように準備しておきたいです。

まずは、来年、二級土木施工管理技師の資格を取得することが現在の目標です。新入社員研修をはじめ、フォローアップ研修、初級社員研修、ヒューマンスキル研修、資格取得勉強会など、会社がスキルアップを応援してくれるとても良い環境です。資格取得を目指している者にとって、会社が毎週勉強会を開いてくれるのは、勉強しやすいのでありがたいです。資格を取ると給与面や昇進にも反映するのでやりがいを見出せますよ。CADの技術やパソコンのスキルも上げたいし、勉強したいことは山積み。学生時代よりずっと勉強していますよ(笑)。でも好奇心が旺盛だから、苦にならないんです。まだ土木のイロハについて学んでいる段階、もっと様々な現場も見てみたいし、一通りの現場を全部体験したいですね。

大手だと人数が多すぎて、新人から現場には、なかなか出られないけれど、ソネックは東証一部上場企業なのにちょうどいい規模で、成長が早くリーダーを目指しやすいんです。スケールの大きなプロジェクトに若いうちから関われ、それが仕事の原動力になっています。

Profile森田 勇輝

土木部 2016年入社

先輩インタビュー